くらし情報『『吉野家がレジ袋を有料化しない理由』に称賛の声 「さすが!」「素晴らしい」』

2020年6月17日 13:23

『吉野家がレジ袋を有料化しない理由』に称賛の声 「さすが!」「素晴らしい」

※写真はイメージ

2019年12月27日、経済産業省は容器包装リサイクル法の関係省令を改正。

資源・廃棄物制約や海洋ごみ問題、地球温暖化などの環境問題を改善するため、2020年7月1日から全国でプラスチック製買物袋(通称:レジ袋)の有料化を開始することを発表しました。

『吉野家がレジ袋を有料化しない理由』に称賛の声 「さすが!」「素晴らしい」

※写真はイメージ

すでにレジ袋を有料化しているスーパーもありますが、今回の改正ではプラスチック製レジ袋を使用しているすべての店でレジ袋の有料化を必須とする旨を規定しています。

レジ袋の消費を必要最低限にすることで、プラスチックごみの削減を狙った今回の改正。今後、自前の買い物袋(通称:マイバッグ)を持ち歩く人が増えるでしょう。

『吉野家がレジ袋を有料化しない理由』が話題

そんな中、牛丼チェーン店の『吉野家』は従来通りレジ袋の無料提供を続けることを発表。

制度の例外となっているバイオマス原料で作られたレジ袋へ切り替えるといいます。

改正後もレジ袋の無料提供を続ける理由について、吉野家はこのように述べました。

客が持参した袋では衛生面に不安があることに加え、レジ袋の要・不要を確認する作業は「新型コロナを意識して店内の滞在時間を短くしたいから持ち帰る、という客の要望に沿う形にならない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.