くらし情報『柴犬を亡くして元気のない近所のおじさん 続く展開に「涙が出た」「めっちゃ分かる」』

柴犬を亡くして元気のない近所のおじさん 続く展開に「涙が出た」「めっちゃ分かる」

※ 写真はイメージ

保護犬のたすくくんと暮らす、飼い主(@yc_gg2tasuku)さんがTwitterに投稿したエピソードをご紹介します。

投稿者さんは近所に住む高齢男性から、あることを頼まれました。

それは「成犬の里親になりたいので、万が一のための後継人になってほしい」というもの。

男性は高齢のため、もしもの場合に備えて後継人を望んでいましたが、自身の息子さんには断られたのだそうです。

実は、高齢男性は数か月前にとてもかわいがっていた柴犬を亡くしていました。

事情を知っていた投稿者さんは、後継人になることを喜んで引き受けたといいます。


高齢男性の妻いわく、男性は毎夜眠る前に愛犬のことを思い出しては泣いていたのだとか。

それまで「もう歳だから犬は飼わないかな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.