くらし情報『まさに『因果応報』 宝くじの賞金を寄付した親子 大金になって戻ってきた!』

2020年7月27日 16:57

まさに『因果応報』 宝くじの賞金を寄付した親子 大金になって戻ってきた!

目次

・生活苦の親子が選んだ100ドルの使いみちは
・親子の善意が新たな善意を呼ぶ
※写真はイメージ

新型コロナウイルス感染症のまん延が止まらないアメリカでは多くの失業者が出ています。

ミズーリ州に住むシングルマザーのシェタラ・シムズさんも仕事を失い、日々の生活にも困っていました。

シェタラさんが12歳の娘、ラキヤさんを連れてスーパーマーケットに行った時のことです。親子は駐車場で1ドル札を拾います。

彼女はその1ドルでスクラッチの宝くじを購入。するとなんと100ドルが当たったのです。

生活苦の親子が選んだ100ドルの使いみちは

その時、シェタラさんが持っていたお金はわずか7ドル。100ドルがあれば、親子の生活の大きな助けになります。

ところがラキヤさんが母親にこういったのです。

「ママ、そのお金をこの前撃たれてケガをした警察官に寄付しようよ」

それを聞いたシェタラさんは、その100ドルがノドから手が出るほど必要なのにもかかわらず、娘の提案に即答で賛成します。

親子が暮らすカンザスシティーでは、数日前に警察官が撃たれて重傷を負い、集中治療室に入っていました。

海外メディア『KMBC』によると、シェタラさんは2012年にラキヤさんの姉にあたる娘を殺人で亡くし、その時に警察官たちがとても親身に支えてくれたのだそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.