くらし情報『マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい』

2020年8月27日 06:54

マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい

マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい
マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい

匂いマツタケ、味しめじ。

味覚の秋ですが、日本ならではのマツタケの味がかなり遠のいています。以前は 故郷岡山(津山)の松林を持っている友人が、毎年数本送ってくれていたのですが、10年程前からバッタリ途絶えてしまいました。

元気な松林が減って来ているという話でした。数年前 形の良いおおぶりのマツタケが、1本1万円という話を聞き、度肝(どぎも)を抜かれたことを思い出します。

そのマツタケが 更に遠のくようです。先日 マツタケが絶滅危惧種として指定された という新聞記事を読みました。

かつて若かりし頃、竹籠(かご)を腰にぶら下げて、松茸狩りに出掛けたこともありますし、大き目のものを焼いて食べ、どびん蒸しや、マツタケごはんで舌鼓(したつづみ)を打ったことなどは、もう遠い記憶となりました。昭和も遠くなりにけり…。

マツタケが絶滅危惧種に 日本ならではの秋の味覚として守って欲しい

ところで 今回の絶滅危惧種の発表では、太平洋のクロマグロもニホンウナギも、絶滅危惧種に指定されており、日本人が馴染んだ美味しい食材が、ドンドン遠のいています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.