くらし情報『『信じる』ってどういうこと? 芦田愛菜の持論に「反省した」「やっぱすごい!」』

2020年9月4日 13:54

『信じる』ってどういうこと? 芦田愛菜の持論に「反省した」「やっぱすごい!」

『信じる』ってどういうこと? 芦田愛菜の持論に「反省した」「やっぱすごい!」

2020年9月3日、映画『星の子』の完成報告イベントに主演の芦田愛菜さんが出席。

その際に語った言葉が「大人だ」と反響が上がっています。

芦田愛菜の思う『信じる』

映画『星の子』は、芥川賞作家・今村夏子さんの同名小説を実写化。

映画のテーマを受け、芦田さんは『信じること』について持論を展開しました。

あやしい宗教を信仰する両親に育てられた中学3年の少女・ちひろの葛藤と成長を描く物語。テーマである「信じる」について芦田は「『その人を信じる』というのは、その人自身を信じているのではなくて、自分が理想とする人物像に期待してまっていることなのかな」と考えたと明かし、「だからこそ人は、裏切られたとか言うけれど、それはその人の見えなかった部分が見えただけであって、そのときに『それもその人なんだ』って受け止められる揺るがない自分がいることが信じられることなのかなと思った」と持論を展開した。

サンケイスポーツーより引用(原文ママ)

「裏切られたのではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ」という言葉は印象的です。

芦田さんは、人々があえて「信じる」と口に出すことについて、次のようにも語りました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.