くらし情報『男性がなぜ育休を取る必要があるのか… 犬山紙子のコメントに、分かりみしかない』

2020年10月16日 13:12

男性がなぜ育休を取る必要があるのか… 犬山紙子のコメントに、分かりみしかない

男性がなぜ育休を取る必要があるのか… 犬山紙子のコメントに、分かりみしかない

男性の育児休業(以下、育休)取得率の低さが、社会的に問題となっています。

2020年7月31日に公表した厚生労働省の調査結果によると国内の育休取得率は女性が83%に対し、男性は7.48%にとどまりました。

この水準は育休制度がある海外諸国と比べても、極端に低いといわれており、制度の拡充等環境の整備や、男性の育児参加に対する意識改革の必要性を多くの人が訴えています。

犬山紙子「育休は人道的に必要なもの」

同年10月16日、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、男性の育休取得が広まらない現状について特集。

番組では東京商工会議所が発表した「男性社員の育休取得義務化について、中小企業の7割が反対している」という調査結果なども取り上げ、なぜ日本国内で男性の育休取得が進まないのか、原因を探っていました。

企業のアンケート調査や取材の結果、男性の育休取得が低い理由として「社内に育休を取りやすい雰囲気がない」「社内の制度が整っていない」「所得の保証が十分でない」「育休の認知率の低さ」などが多くあるといいます。

こうした現状に対し、コメンテーターの犬山紙子さんは、次のように見解を述べていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.