くらし情報『人間に育てられたクマ 一緒に写真を撮ったらディズニー映画のようになった』

2020年10月21日 17:10

人間に育てられたクマ 一緒に写真を撮ったらディズニー映画のようになった

zhdanova.mila

ロシアに人間によって育てられた有名なクマがいます。

名前は『ステパン』。母グマに捨てられたステパンは生後3か月の時に人間の夫婦に引き取られました。

優しい夫婦からの愛情をたっぷりと受けて育ったステパンはとても人懐っこいのだそう。

海外メディア『Bored Panda』によると、ステパンは今や世界中の写真家から撮影を熱望されているのだといいます。

ロシアのフォトグラファー、ミラ・ジダーノワさんも5年前から「いつかステパンをモデルに写真を撮りたい」と願っていたのだそう。

そしてそんな彼女の願いがついに叶ったのです。

ステパンの撮影ができることになったミラさんは、「伝統的なロシアの衣装を着た女性と一緒に、おとぎ話のワンシーンのような作品にしたい」と思ったのだとか。

そのアイディアは想像を超える美しい写真になりました。どうぞご覧ください。


まるでディズニー映画のワンシーンのよう!

パッと見るとCGかと思ってしまいそうですが、ステパンはまぎれもなく本物のクマです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.