くらし情報『「ピンクは女の子じゃないとダメ」と言われた父 とった行動に「素晴らしい!」の声』

「ピンクは女の子じゃないとダメ」と言われた父 とった行動に「素晴らしい!」の声

※写真はイメージ

男性と女性の2つで性別を分け、『男らしさ』『女らしさ』という役割の固定観念をジェンダーバイアスといいます。

「男性は弱音を吐いちゃダメ」「女性はつつましくあるべき」「夫は仕事、妻は家庭」など、昔から日本でもいろいろなジェンダーバイアスが根付いているのは事実です。

しかし、ひと昔前までは『男子は黒いランドセル、女子は赤いランドセル』という風潮でしたが、今は自由に色を選ぶことができるようになりました。

徐々に多様性が認められるようになっている今の時代は、過渡期といえるのかもしれません。

「ピンク色は女の子じゃないとダメ」と言われ…

2020年11月2日、エッセイストの犬山紙子さんの夫であり、ミュージシャンの劔樹人(つるぎ・みきと)さんがTwitterを更新。

ある日、劔さんは保育園に通う娘さんから、こういわれたといいます。

「ピンク色は女の子しかダメなんだよ」

ピンク色が大好きだという娘さん。何があったかは分かりませんが、娘さんは「男性はピンク色を好きになっちゃいけない」という考えを持つようになってしまったようです。


そこで、劔さんは娘さんの偏見を優しく指摘するために、『ある行動』をとることにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.