くらし情報『落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点』

2021年1月31日 11:11

落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

その堂々巡りをしっかりと見る。特に自己憐憫と相手なり社会への強い批判に気をつける。

なぜ落ち込んでいる自分を眺める視点が大切かというと、落ち込みが強まると鬱状態になる可能性があるからです。これだけは避けたい。

落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

自分の力ではどうにもならないことがあります。落ち込んでも仕方がない。

でも大切なことは、落ち込んだところで、さらに底に落ちないようにすること。落ち込みの際で止まることです。

止まっているイメージをしてみましょう。ここで踏ん張る力が、落ち込みから脱する力の源になるのです。

※記事中の写真はすべてイメージ

作詞家・吉元由美の連載『ひと・もの・こと』バックナンバー

[文・構成/吉元由美]

落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点
吉元由美
作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
⇒ 吉元由美オフィシャルサイト
⇒ 吉元由美Facebookページ
⇒ 単行本「大人の結婚」落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.