くらし情報『「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む』

2021年3月10日 13:49

「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む

「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む

トップスやボトムスなど、人間の生活には被服が欠かせません。

デザインや機能性、肌触りなど、人によって選ぶ基準はさまざまですよね。

しかし、生活の中で汚れたり破れたりして着れなくなったものは、リサイクルや店舗の回収ボックスに出すことも含め、何かしらの形で処分せざるを得なくなります。

そんな被服に、もし『心』が宿っていたら…。チャロス(@Cha_ros)さんがTwitterに投稿した創作漫画『私とあなたの卒業』をご紹介します。

『私とあなたの卒業』

「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む
「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む
「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む
「外で読んじゃダメなやつ」 靴下が主人公のストーリーに、涙腺が緩む

穴が空いてしまい、ゴミに出された靴下。

女性にとっては数ある被服の1つでしたが、靴下にとっては『すべて』だったのです。

「生まれ変わってもそばにいたい」「私のぬくもりを忘れないで」と、靴下が女性に向ける深い愛情に、心が揺さぶられます。

コメントには「泣ける」「職場の休憩室で読んじゃダメなやつだった」など、涙する人が相次いだようです。

被服だけでなく、一つひとつの物に心が宿っていると思い、大切に扱おうと思わされますね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.