くらし情報『保護猫シェルターに送られてきた支援品 怒りの声が相次いだワケとは』

2021年3月12日 11:31

保護猫シェルターに送られてきた支援品 怒りの声が相次いだワケとは

※写真はイメージ

事故にあってしまった猫や、シニア猫を保護しているmaru(@maomaomaru)さん。

個人で猫たちのシェルターを運営しているため、キャットフードなどの支援品をもらうことがあるといいます。

maruさんは、受け取った1つの支援品について、2021年3月10日にTwitterへ投稿。

支援品を送ってきた人は、自身も猫を飼っている人のようです。

「よかったら保護猫ちゃんたちに食べさせてあげてください」とメモが入っていたのですが、支援をした理由に怒りと悲しみの声が寄せられました。なぜなら…。

保護猫シェルターに送られてきた支援品 怒りの声が相次いだワケとは

賞味期限が2015年11月になっています。

メモに書かれていた全文は、「期限が切れてうちの子たちには食べさせられないので、よかったら保護猫ちゃんたちに食べさせてあげてください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.