くらし情報『保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」』

2021年3月17日 18:54

保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」

保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」

Instagramに漫画作品を投稿している、しろやぎ(siroyagishugo)さんは、フォロワーが10代の頃のエピソードを漫画化し、反響を呼んでいます。

フォロワーのある男性は、子供の頃から将来は保育士になりたいと願っていました。

高校生になり、進路について周りの大人に相談するのですが、思わぬ偏見の壁に突き当たります。

保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」
保育士の夢を否定された男子高校生 心を救った『あるひと言』とは? 「涙が出た」

「男が保育士なんて」

「男のくせにって変な目で見られる」

家族や担任の教師は、男性が保育士を目指すことに反対をしました。

指定校推薦の小論文を書きましたが、担任からは何度も突き返され、これといったアドバイスもなしに否定をされたといいます。

それでも、男性はどうしても夢を諦められず、周囲を説得。小論文は別の教師の後押しもあって、最終的に提出することができました。

すると、大学の面接で教授から、こんな言葉をかけてもらったといいます。
「君の小論文を読んだよ。僕が読んできた中で1番よかったし、心を打たれた。これからも頑張りなさい」

男性はこのひと言に救われ、現在は保育士の資格を取るために勉強に励んでいるそうです。

読者からは、エピソードに「感動した」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.