くらし情報『お彼岸の日に起きた、切なくも心温まる出来事 「もっといてくれていいのに」』

2021年3月24日 17:48

お彼岸の日に起きた、切なくも心温まる出来事 「もっといてくれていいのに」

お彼岸の日に起きた、切なくも心温まる出来事 「もっといてくれていいのに」

『彼岸明け』にあたる2021年3月23日、シゲ(@DogJohnCatYou)さんがTwitterに投稿したエピソードに、多くの人が温かな涙を流しました。

かつてジョンくんという犬と一緒に暮らしていた投稿者さん。

ジョンくんは2009年にこの世を去り、その後、2014年に投稿者さんは猫の、ゆうちゃんを家族として迎え入れています。

今は猫とともに暮らす投稿者さんが体験した不思議なエピソードとは…。

布団の上から感じた気配は…

お彼岸中の夜のこと、布団の上からお尻に何かがくっついてくるような感覚があったという投稿者さん。

一緒に暮らす猫のゆうちゃんはいつもコタツにいるため、「珍しいことがあるものだ」と感じたといいます。

しかし、投稿者さんは気付いたのでした…布団の上に何かの気配を感じた日は、お彼岸期間中だったことを。

お彼岸の日に起きた、切なくも心温まる出来事 「もっといてくれていいのに」

もしかしたら、投稿者さんに寄り添うような気配は、空の上にいるジョンくんだったのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.