くらし情報『小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声』

2021年3月25日 12:10

小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声

小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声

2人の娘さんを育てている、ぐでちち(@gude_chichi)さん。

小学1年生の長女は、学校で『生活文』を書く作文の授業があったようです。そこで、娘さんはある傑作を生みだしていました。

『どうしよう』と題名が付けられた3枚にもおよぶ作文。その内容をお読みください。

小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声

クリックすると画像を拡大します

小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声

クリックすると画像を拡大します

小学1年生にして作文で伏線回収!? 「面白かった」「すごすぎる」の声

クリックすると画像を拡大します


ほかのクラスメイトは作文を書いているのに、内容が思いつかなくて焦る娘さん。授業の終了時間が迫ってきます。

悩んでいるところに先生がやってきて、書いていないことを注意されると、より焦りが増してしまいました。

友達に相談した娘さんは、「どうしようって考えているなら、題名は『どうしよう』でいいんじゃないかな」とアドバイスをもらいます。

そのため、この作文は『どうしよう』がタイトルになっているのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.