くらし情報『男性の育休取得に、高橋真麻「育休を取っても…」 続く言葉が的確すぎた』

2021年6月9日 12:26

男性の育休取得に、高橋真麻「育休を取っても…」 続く言葉が的確すぎた

男性の育休取得に、高橋真麻「育休を取っても…」 続く言葉が的確すぎた

2021年6月3日に行われた衆院本会議で、男性が育児休業(以下、育休)を取得しやすいよう考慮した『出生時育児休業』などを新たに設けた改正育児・介護休業法が可決、成立しました。

主な内容としては、子供の出生後8週間以内に、男性が育休を4週間まで取得できるといったもの。また、各家庭の状況にあわせて、育休を2分割して取ることも可能です。

さらに、企業側から労働者に対し、育休取得の意思確認をすることが義務化されます。

改正育児・介護休業法について高橋真麻が持論

同月8日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、改正育児・介護休業法について特集。

番組のMCを務める加藤浩次さんは、法の改正について「なかなか一気には変わらないと思う。ただ企業側が意思確認を義務付けられたのは大きい」とコメントしました。

同月現在、1児の母親であり、アナウンサーの高橋真麻さんは、次のような意見を述べます。

私自身は、産後2か月が一番大変だったので、その産後2か月の間に2回(育休を)取れるというのは、いい制度だなと思います。

ただ私、育休自体に関しては、やっぱりその育休を取れる職種もあったり、それからこう、夫のほうが仕事に前のめりでどうしても休みたくないっていう人もいたりするので、各ご家庭、各個人の意思っていうのがあるから、「育休を取ることが正義」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.