くらし情報『『警戒心』という鎧を纏う 命と財産を守り、旅を楽しむのは、訪問先の国に対するマナー』

2021年6月20日 11:08

『警戒心』という鎧を纏う 命と財産を守り、旅を楽しむのは、訪問先の国に対するマナー

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・ひとり旅のすすめ3〜警戒心という鎧〜
『警戒心』という鎧を纏う 命と財産を守り、旅を楽しむのは、訪問先の国に対するマナー

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

ひとり旅のすすめ3〜警戒心という鎧〜

仕事に一区切りをつけて、飛行機に乗り、シートベルトを締めた瞬間に、あー、解放された!と全身から力が抜けます。

自由だー!大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これが目の前に人参をぶら下げて仕事をしている自分の情けなさもあるのですが。

目的地へ着くまでの自由。ところが目的の空港に着き、タクシーに乗るときから『警戒心』という鎧を纏います。いまでは改善されたかもしれませんが、早朝にロンドンやパリに到着すると、白タクの運転手がまとわりついてきたものでした。

ローマではスカーフから生々しい首の傷痕が見える運転手に遭遇したり。乗って行け、という言葉にガンとして打ち合わず、無視するに限ります。

『警戒心』という鎧を纏う 命と財産を守り、旅を楽しむのは、訪問先の国に対するマナー

地下鉄はスリの仕事場です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.