くらし情報『100m9秒98の記録を持つ陸上選手が、50mを走ると? 結果に「速すぎる」』

2021年8月19日 10:06

100m9秒98の記録を持つ陸上選手が、50mを走ると? 結果に「速すぎる」

100m9秒98の記録を持つ陸上選手が、50mを走ると? 結果に「速すぎる」

自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿している、陸上競技100mで元日本記録を保持する桐生祥秀(きりゅう・よしひで)さん。

100mで9秒98の自己ベストを持つ桐生さんが、50mを走った様子を投稿しました。

桐生祥秀が、50mを走ると?

多くの人が、体育の授業などで50mを走ってタイムを測定したことがあるのではないでしょうか。

中学生や高校生が受験する『新体力テスト』の基準に従うと、男性なら8秒、女性なら9秒を切ると速いそうです。

2021年8月16日現在における50mの日本記録は、2002年に朝原宣治(あさはら・のぶはる)さんが記録した5秒75。

一般の人の感覚からすると、想像がつかない速さですね。

桐生さんは今回、次の2種類のスタート方法で走りました。

・立った状態で片足を前に出してスタートする『スタンディングスタート』

・かがんで手を地面につけた状態からスタートする『クラウチングスタート』

陸上の大会などで、スタート前にかがんだ選手が、足を器具にセットしている様子を見たことがないでしょうか。

クラウチングスタートの時に使う、強く蹴って瞬発力をつける器具『スターティングブロック』(以下、スタブロ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.