くらし情報『“過干渉な義家族”に疲労困憊な夫。孫を溺愛しすぎた結果【エスカレートする行動】に…⇒「それやめて!」周囲を困惑させる迷惑行動』

“過干渉な義家族”に疲労困憊な夫。孫を溺愛しすぎた結果【エスカレートする行動】に…⇒「それやめて!」周囲を困惑させる迷惑行動

“過干渉な義家族”に疲労困憊な夫。孫を溺愛しすぎた結果【エスカレートする行動】に…⇒「それやめて!」周囲を困惑させる迷惑行動

義実家との関係は緊張するもの。しかし「それやめて!」と、周囲を困惑させる迷惑行動もあうようです。今回は、円満な関係のために気をつけるべきNG行動を紹介します。教育観の違い人と人との関係は、時間が経つにつれ変化するもの。それは義家族との関係も例外ではありません。特に孫への教育観の違いも、関係構築に影響を及ぼしがちですが、過剰な口出しは控えたほうがよいでしょう。不適切な距離感久しぶりの再会であっても、適切な距離感を保つことは肝心です。
親密であったとしても、今はそれぞれの立場や環境が変わっていることを忘れないようにしましょう。過去と現在のギャップに苦悩再会の場で、過去の振る舞いや言動について話をすることは避けたいものです。特に、意見が分かれる問題があれば慎重に行動すべきでしょう。心地よい関係のために
“過干渉な義家族”に疲労困憊な夫。孫を溺愛しすぎた結果【エスカレートする行動】に…⇒「それやめて!」周囲を困惑させる迷惑行動
「妻の出産後から、過干渉な義家族の行動に疲労困憊だったのですが…孫を溺愛しすぎた結果、週2回夜21時までの滞在が続き…エスカレートした行動は本当に迷惑でした」(30代男性)義家族との関係がストレスにならないためにも、予期せぬ言動にどう対処するか、前もって考えておくことも重要です。まずは、オープンなコミュニケーションを心がけてみてはいかがでしょうか。(Grapps編集部)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.