くらし情報『田原俊彦の子育て厳格な理由 娘に伝えた「2世でも責任を」』

2018年8月4日 19:16

田原俊彦の子育て厳格な理由 娘に伝えた「2世でも責任を」

田原俊彦の子育て厳格な理由 娘に伝えた「2世でも責任を」


《(※親は子に)持てるものを無条件に注ぎ込める存在なんだ。幼い頃に親父を亡くしてるから、僕の場合のそれは、つまり母親ということになる》(FRaU 94年8月23日号)

娘が生まれた年にこう語っていた田原俊彦(57)は母親から受けた愛情を、娘にも精一杯注いでいた――。

7月31日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)には、大物芸能人の2世が集合。生島ヒロシ(67)の息子である生島勇輝(34)、真木蔵人(45)の息子でマイク眞木の孫であるNOAH(24)が即興でラップを歌い、コロッケ(58)の娘である滝川光(19)が森進一(70)のモノマネを披露するなど番組を盛り上げた。

田原俊彦の娘・田原可南子(24)も、父と度々共演してきた明石家さんま(63)と初対面。『我が家のちょっと変なところ』というテーマでは、父の教育方針についてこう語った。

「10代のころはすごく厳しくて。いろいろなことに。友だちと遊んでいて、夜が遅くなると、10時とか11時でも『なにしてたんだ』と携帯を取り上げられたり、成績が悪かったら、また携帯を取り上げられたり。(携帯を)隠されるんですけど、20歳になった瞬間に、全部のルールが取っ払われて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.