くらし情報『氷川きよし デビュー20年目迎え「変わっていく時期」と決意』

2019年2月2日 06:00

氷川きよし デビュー20年目迎え「変わっていく時期」と決意

氷川きよし デビュー20年目迎え「変わっていく時期」と決意


「僕にできることは、とにかく歌い続けること。いままでプレッシャーを感じて悩んだこともあったし、悔しい思いをしたこともありました。でも最終的には、苦労も悲しみも全部、歌で伝えていけばいいと思うようになりました。自分にとって歌のない人生はありえない。お客さまがいてくださって、愛してくださって、歌がある。それに僕は支えられてきました」

デビュー20年目突入を記念した取材のこの日、氷川きよし(41)のどこか吹っ切れた様子が印象的だった。聞けば、この1年ほどは思い悩んでいたのだという。

「“氷川きよし”が一人のアーティストとして、どういう表現をすべきか。20周年を目前に控えて、悩み葛藤していました。ずっと“氷川きよし”を大事にしようと思って歌ってきたんですけど、そのために“こうじゃなきゃいけない”“こうあるべき”というルールを自分のなかでつくって、それに従いすぎていたときがあったので」

葛藤の末にたどりついた結論は、「ホッとする自分の定番のヒット曲も大切にしていきながら、いろいろな表現に挑戦していき、自分のなかに秘められたものを生かす」こと。

「演歌だけでなく、ロックに挑戦したり、シャンソンに挑戦したり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.