くらし情報『ラグビーW杯を釜石に連れてきた旅館女将の願い』

2019年3月11日 06:00

ラグビーW杯を釜石に連れてきた旅館女将の願い

ラグビーW杯を釜石に連れてきた旅館女将の願い


「釜石鵜住居復興スタジアム」は、自然と調和する美しい競技場だ。目の前に大槌湾、メインスタンド後方には、深い森がある。昨年8月に完成したこのスタジアムで今年9月25日、「ラグビーW杯2019」が開催される。

青々とした芝生が柔らかい日差しを受けて輝き、浜から吹く心地よい風に乗って、トンビが地面スレスレに飛んでいった。そこへ1台の軽トラックが到着。浜べの料理旅館「宝来館」の女将、岩崎昭子さん(62)の軽トラだ。ナンバーは「3-11」。

「いつまでも忘れないという気持ちを込めたんです」

8年前の東日本大震災で、ここ、鵜住居地区は、巨大な津波に襲われた。地区の死者・行方不明者は583人に上り、宝来館の従業員も3人が犠牲になった。地区の根浜海岸に立つ宝来館も2階まで津波にさらわれ、岩崎さんも一度は津波にのまれている。

「でも、生きっぺしと思ってね」

突き抜けるような明るい声で、岩崎さんはそう言った。「生きっぺし」とは、「生き抜くぞ」「生き続けよう」と、自分に言い聞かせる方言だ。

そして震災直後の5月から、宝来館再建と同時に、ラグビーW杯招致に向けて、奔走し始めたのだ。彼女がいなかったら、震災被害が甚大だった釜石で、W杯開催など、誰も思いつかなかったことだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.