くらし情報『『3A』で話題の富田望生 女優になったきっかけは震災』

2019年3月18日 16:00

『3A』で話題の富田望生 女優になったきっかけは震災

『3A』で話題の富田望生 女優になったきっかけは震災


「クランクアップの瞬間は、生徒役のキャストみんなでボロボロ泣きました。華ちゃんをもうやれなくなると思うと寂しいです」

そう語るのは、先日大好評のうちに終了したドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)に出演した富田望生(19)。

彼女が演じた柔道部の怪力女子・魚住華は、勘違いから始まった恋にいちずなキャラクターで一躍人気者に。意中の人と結ばれたシーンでは、“華ちゃんの恋が成就!”“痩せてキレイになった”と祝福のメッセージが多数ネットに投稿されたほど。

「体重は全然変わってないんですよ。撮影日の朝、フェースラインを拳でゴリゴリマッサージしたからシュッとしたのかな(笑)。告白のシーンの背負い投げは本番一発で決めました」(富田・以下同)

そんな望生ちゃんが芸能界に入るきっかけは、’11年に発生した東日本大震災だったと振り返る。

「当時、福島県いわき市で小学校5年生だった私は、震災を機に母の仕事の都合で東京に来ました。それまで大好きだったピアノが弾けなくなってしまって、ほかにやりたいこともなく心が宙ぶらりんだったんです。子役の養成所の広告を発見したとき、『これだ!』とビビッときて(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.