くらし情報『朝に弱い人必見!朝時間を充実させる5つの「早起きトリガー」』

2019年4月17日 06:00

朝に弱い人必見!朝時間を充実させる5つの「早起きトリガー」

朝に弱い人必見!朝時間を充実させる5つの「早起きトリガー」


「朝の5分は夜の1時間に匹敵するということがすぐに実感できるはず。私の英語教室の受講者の方でも、学習を朝型にしたら習熟度が改善した人が多数います。勉強ははかどるし、趣味もいっそう深められる。朝を活用しないのは本当にもったいない」

そう話す塚本亮さんは、’07年にケンブリッジ大学大学院に進み心理学を学んだ後、現在は英語教育のスペシャリストとして活躍中だ。高校生のとき、「偉大な人は総じて早起き」ということに気づき、早起きは苦手だったが一念発起。試行錯誤の末、朝5時起きの生活を定着させると、1日を有効活用できるようになり、人生が好転。同志社大学合格、ケンブリッジ大学の大学院進学をはたした。

体内リズムや心理的な要因から、朝の活動のパフォーマンスはほかの時間帯に比べて高いという。このことは心理学でも研究・確認されているそうだ。

とはいえ、早起きなんて無理……という人も多い。そんな人に塚本さんが勧めるのが、朝起きるようになる引き金、“早起きトリガー”を取り入れることだ。

「起きる目的や、睡眠時・起床時のコンディションなど、自分を早起きに導く環境を整えます。大切なのは、気合で起きようとしないこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.