くらし情報『のん 4年ぶり映画現場の喜び…炎天下でも笑顔でブランコ撮影』

2019年5月14日 06:00

のん 4年ぶり映画現場の喜び…炎天下でも笑顔でブランコ撮影

のん 4年ぶり映画現場の喜び…炎天下でも笑顔でブランコ撮影


真夏のような暑さを記録した5月10日、東京郊外にある廃校で映画『星屑の町』の撮影が行われていた。昭和の薫りが漂う木造校舎の小学校旧分校。早朝からスタッフや出演者たちがあわただしく出入りしている。そこに“のん”こと、能年玲奈(25)の姿があった。

4月30日、同作にヒロインとして出演することが報じられたのん。14年12月公開の『海月姫』以来4年ぶりの抜擢だ。

「久しぶりの映画出演ということに加え、出演者もラサール石井さん(63)や戸田恵子さん(61)や大平サブローさん(63)などベテランばかり。そのため、最初はのんさんも緊張しているようでした。しかし次第に打ち解けていったようで、みんなと積極的にコミュニケーションをとっています。撮影はかなり早朝から始まることもあるのですが、朝から元気いっぱいです。お陰で、現場がすごく明るくなっていますね」(映画関係者)

お昼になると、のんが校舎からひょっこり姿を見せた。久々のロケ弁を渡され、自然と笑みがこぼれる。復帰の喜びが伝わってくるようだった。

午後の撮影は炎天下にもかかわらず、校庭で行われた。のんは照り付ける日差しのなか、30分以上何度もブランコをこぎ続ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.