くらし情報『渡辺謙から後輩俳優へのエール「追い越して行け」』

2019年5月31日 06:00

渡辺謙から後輩俳優へのエール「追い越して行け」

渡辺謙から後輩俳優へのエール「追い越して行け」


令和初のゴジラ映画は、ハリウッド製となった。新作映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(5月31日公開)で、’14年公開の前作に続いて出演を果たした渡辺謙(59)。ゴジラと同じく、昭和・平成・令和と時代をまたぎ、渡航先でも評価される、彼の仕事の流儀とは――。

渡辺謙といえば、いまや日本を代表するハリウッドスター。その威厳に圧倒されると思いきや「(映画、)面白かったでしょ」と、気さくに語りかけてくる。そんな軽やかさが、国内外を問わず活躍できる理由であろう。

渡辺は前作に引き続き、生物学者の芹沢博士を演じている。

「今回はさらにスケールアップしたし、前作で描かれた社会と文明や、人類と科学の葛藤も踏襲している。さらに『ゴジラや怪獣は、地球や人類にとって一体どういう存在か?』という問題を科学的視点で追いかけているので、よりオリジナル版の主題に近付いたんじゃないかと」

前作では原発や核の脅威を描いたが、今回はテロや環境破壊、巨大自然災害という問題にも踏み込んでいる。ゴジラ映画は「僕らが漠然と抱いている不安の代替表現」だと渡辺は言う。

「震災だったり原発事故であったり、そういうもので痛んでいる現実というのは忘れるべきではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.