くらし情報『華僑だけが実践している“お金の糸”で繭を作る方法とは』

2019年6月13日 16:00

華僑だけが実践している“お金の糸”で繭を作る方法とは

華僑だけが実践している“お金の糸”で繭を作る方法とは


独自の思考法と行動法則を持ち、世界中で財を成す華僑。そのもとで門外不出のマネースキルを学んだビジネスオーナーが、家計に生かせる「華僑の奥義」を教えてくれました。

「私は20代で医療機器販売会社を起業するにあたり、在日華僑社会で知らない者はいないといわれる大物華僑に1年間、師事しました。その結果、起業して1年目に年商1億円を突破することができたんです」

こう話す大城太さん(44)は、現在、5つの会社を経営するビジネスオーナー。これまで『華僑の奥義』(日本実業出版社)など多くの著書で、自ら華僑から学んだスキルを公開してきた。

「華僑とは、世界各地に住む中国人の総称です。非常に団結力が強く、異国の地で成功を収めている人が非常に多い。そのマネー哲学も独特。お金の話には、つねにオープンでドライ。そのしたたかなマネー術は、華僑の奥さんたちにも共通しています」

そこで今回、大城さんが華僑やその夫人から学んだ「一生お金に困らない奥義」を紹介してくれた。

■親子でも“貸借表”をつくる

「日本人は、親にお金を借りるときに借用書を書くと言ったら親子なのに水臭いということになるでしょう。華僑は違います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.