くらし情報『最終日に少額を狙え!6億円あてた男が教える宝くじ当せん法』

2019年6月19日 06:00

最終日に少額を狙え!6億円あてた男が教える宝くじ当せん法

最終日に少額を狙え!6億円あてた男が教える宝くじ当せん法


史上初の12億円という超高額な当せんをズバリ狙える方法があった!自分で実際に6億円を当てた人の言うことだから説得力あり。しかも狙いが“ピンポイント”すぎで驚きだ!

史上初の1等当せん金最高12億円のスポーツくじ「ボーナスBIG」が、6月22日まで発売中だ(通常は最高6億円)。BIGは指定されたサッカーの14試合の試合結果を、コンピュータがランダムに選択。全試合の勝ち負け引き分けが一致すれば1等。機械任せなので、サッカーの知識は全く必要ないのが特徴だ。

「つまりBIGは運がすべて。私は吉方位のパワーで、幸運をつかみました」

こう話すのは、いまから11年前の’08年9月、第362回のBIGで、見事に1等6億円を当てた唱田士始矢さん。現在は開運アドバイザーとして活躍する唱田さんは10代のころから占いに興味があり、とくに九星気学の吉方位を自分なりにアレンジして実践していたという。唱田さんによれば、吉方位開運法の3原則は次のとおり。

(1)距離と時間をかけた分だけパワーが増す
(2)自分と縁のある土地を選ぶ
(3)現地では宿泊するなど、くつろいでくる

くじを買う際、唱田さんがこだわったのは吉方位だけではないという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.