くらし情報『店頭のアイスを舐めて再び売り場へ……メーカーが怒りの法的措置へ』

2019年7月2日 17:36

店頭のアイスを舐めて再び売り場へ……メーカーが怒りの法的措置へ

いたずらされたものと同タイプの商品(写真:AP/アフロ)

いたずらされたものと同タイプの商品(写真:AP/アフロ)



コンビニの冷凍庫に入ってみたり、飲食店の調味料に口を付けてみたり……そんな行動を自らSNSで発信する人々は後を絶たない。いわゆる”バイトテロ“や”バカッター“と呼ばれる、SNS時代の負の側面だ。訴訟大国アメリカで類似行為に及ぶとどうなるのだろうか。ある1本の動画が広く耳目を集めている。

先月29日、Twitterに「どんだけのサイコパス行為なの!?」というキャプション付きで投稿された動画では、若い黒人女性が「ブルーベル・アイスクリーム」の半ガロンカップの表面をベロリと舐めてから蓋をして売り場に戻し、撮影者と爆笑している様子が収められている。「逮捕されてほしい」「早く身元を割り出してくれよ。こういうことをするヤツは法的に裁かれるべきだ」といったコメントが殺到。2日までに26,000件以上リツイートされ、製造元のブルーベルの知るところとなった。

「先週末、ソーシャルメディアにブルーベルの商品がいたずらされたことを示す動画を投稿して下さった方に感謝します。私たちはこの問題を非常に深刻に受け止め、現在法的機関、小売りパートナー、ソーシャルメディアのプラットフォームと協力しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.