くらし情報『高嶋政宏語る忠夫さん密葬 寿美花代さんは傷心で火葬場行けず』

2019年7月3日 06:00

高嶋政宏語る忠夫さん密葬 寿美花代さんは傷心で火葬場行けず

本誌の取材に亡き父への思いを語った政宏。

本誌の取材に亡き父への思いを語った政宏。



「父の体調が急激に悪くなったのは、1カ月くらい前だったと思います。……そうですね、私たちも完全に覚悟は決めていました。“父はもうすぐ逝ってしまうのかな”という感じでした」

そう語るのは、故・高島忠夫さん(享年88)の息子で俳優の高嶋政宏(53)。政宏が本誌の独占取材に答えてくれたのは、高島さん逝去の翌々日、6月28日。

「最後に僕が父と会話を交わしたのは、亡くなる5日前の6月21日のことです。最近の父は眠る時間も長くなって、ずいぶん痩せてしまっていました。固形物も受け付けなくなっていたので、流動食や栄養剤で、なんとかもっている感じでした。でもその日は元気で、『シャンパンとローストビーフを食いたい』と言っていました。僕も『ダメだよ、食べられないよ』なんて言い返したのが、最後の会話になりましたね」

自宅で最期を看取ることを決めたのは、妻・花代さんだったという。

「具合が悪くなるたびに入院はさせていたのですが、母が『ずっと病院にいるのはかわいそうだ』と言って、家での介護を続けてきたのです。介護スタッフが24時間ついていましたし、僕らも父への恩返しというわけではないですけれど、実家に行って様子を見たり介護のサポートをしたりといった日々を続けてきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.