くらし情報『百恵さん 15年間遅刻なし!“針仕事の恩師”が明かす創作生活』

2019年8月1日 06:00

百恵さん 15年間遅刻なし!“針仕事の恩師”が明かす創作生活

百恵さん 15年間遅刻なし!“針仕事の恩師”が明かす創作生活


「昔から百恵さんの生き方に憧れていたんです。あれだけのスターだったのに、引退後はほかのタレントのように中途半端に復帰したりしませんでした。自分の考えをしっかり持っている方で、すごく尊敬しています。その百恵さんの新しい本が発売されたと聞いて買いにやって来たんです」

そう語るのは、東京都内の書店を訪れた50代女性。彼女が持っていたのは購入したばかりのキルト作品集『時間の花束Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)だった。

’80年10月に歌手・山口百恵として引退してから39年。いまは三浦百恵さんとなった彼女が刊行した著書が話題を集めている。結婚してから制作を始めたという70点ものキルト作品などを紹介した写真集で、本人の近影も掲載されているのだ。300万部を突破した自叙伝『蒼い時』刊行からも39年。百恵さんは決断の理由を、あとがきで次のように書いている。

《日々の軽い雑談の中で、夫にそんな話(※キルト作品集刊行を勧められたこと)をしたところ、「30年以上続けてきたことだし、還暦のいい記念になると思う。やってみたらいいんじゃない」という言葉が背中を押してくれました》

結婚して以来、自分の仕事を支えてくれ、2人の息子を育て上げ、さらに老親の介護にも励んでくれた妻。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.