くらし情報『文通費を介護費用に 小野田議員指摘に「国会法違反では」の声』

2019年8月2日 16:00

文通費を介護費用に 小野田議員指摘に「国会法違反では」の声

文通費を介護費用に 小野田議員指摘に「国会法違反では」の声


自民党・小野田紀美議員(36)が7月31日、れいわ新選組の木村英子議員(54)・舩後靖彦議員(61)の介護費用を参議院が負担することに「議員特権では」と批判。さらに文通費を介護費用に充てるよう促す趣旨の投稿を続けた。これに対して「国会法違反では?」と疑問の声が上がっている。

木村・舩後両議員は重度の身体障害があるために同月30日、参議院が当面の間は介護サービスの費用を負担すると発表した。Twitterで小野田議員はその対応について《え!?バリアフリー化対応は分かるけども、これは議員特権になりませんか…?当面って何…》と投稿し、こう続けた。

《国会議員は文通費として歳費とは別に月額100万円が支給されます。みんなこのお金を使って、私設秘書さんとか、事務員さんとか、政策サポートとか、事務所開設の諸経費とか…要は自分が公務を行うサポートを揃えていると思っております。政党助成金もしっかり交付されているのに…どうして…》

文通費とは、正式には「文書通信交通滞在費」というものだ。国会法第9条によると議員らは「公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため」に月額100万円を受ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.