くらし情報『「軽減税率」対象外の外食「映画館の食事」は8%に…その境界線』

2019年9月26日 06:00

「軽減税率」対象外の外食「映画館の食事」は8%に…その境界線

「軽減税率」対象外の外食「映画館の食事」は8%に…その境界線


10月1日に実施される消費税率の10%への引き上げに伴って導入される“軽減税率”。購入品や食べる場所によって、適用が細かく分かれていて、「さっぱりわからない」という声は、直前になってもやむことはない。

「最初の分類さえ間違えなければ、あとはその法則性にのっとって考えて“仕分け”できるはずです」

こう話すのは、税制に詳しい経済評論家の加谷珪一さんだ。

「軽減税率の特性として『家で食べる食品と定期購読の新聞=8%』とまず覚えてください。そして『それ以外のもの=10%』と覚えれば、基本的にOK。あとはケーススタディでシミュレーションしながら覚えれば、実践できるはずです」

10月1日に戸惑わないために、用意したのが次のクイズ。解いていくうちに、法則性がなんとなくわかってくるはずだ。

「新聞の定期購読は前述のとおり8%のままですが、電子版での購読は10%適用となり、セット購入でも決済時に税率が違うことも頭に入れておきましょう」(加谷さん)

■外食

【Q】この中で税率8%のままなのはどれ?(複数解答可)

(1)屋台で焼きそばを買って立ち食い
(2)コンビニで買いイートインコーナーで食べる
(3)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.