くらし情報『蛭子能収「体力限界」で旅バラ終了 新ルール採用も8カ月で幕』

2019年11月14日 18:42

蛭子能収「体力限界」で旅バラ終了 新ルール採用も8カ月で幕

蛭子能収「体力限界」で旅バラ終了 新ルール採用も8カ月で幕


11月13日に旅番組『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)が12月25日で終了すると、俳優の太川陽介(60)とタレントの蛭子能収(72)が番組内で発表した。07年から17年まで放送された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)を前身番組とし、19年4月に開始した同番組。“脱力系コンビ”の太川と蛭子の繰り広げる珍道中が、幅広い世代から人気を博した。

同番組が終了に至った理由は、蛭子の体力低下によるものだという。各メディアによると、番組後半に太川が蛭子を指して「もう歩きたくないんでしょ」と笑顔で質問。すると「体力の限界…」というテロップが表示され、蛭子が「歩くのだけがね」と体力の限界を明かしたという。

10月17日には有吉弘行(45)が《もーおー。 また送られてきたよ。。。 蛭子。。。》と前日にしたツイートを引用し、《昔から俺のことをちょこちょこ構ってくれるんだよ。俺はバス旅のロケ中で元気です》と元気そうな近況を伝えていた蛭子。

だが、70歳を超える蛭子にとって歩きでの旅は困難だったようだ。「路線バスのみ使う」という前身番組のルールを変更し、同番組からは「合計1万円までタクシー利用可」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.