くらし情報『木村拓哉敷いていた背水の陣 ライブ再開まで4年かかった理由』

2019年12月4日 06:00

木村拓哉敷いていた背水の陣 ライブ再開まで4年かかった理由

大阪は、大阪城ホールで2日間開催する。

大阪は、大阪城ホールで2日間開催する。



来年1月8日にアルバム『Go with the Flow』をリリースする木村拓哉(47)。2月には東京、大阪の2大都市で初の単独ライブ『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』を行うことが発表された。

「先日、ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)などの出演番組の間を縫ってミュージックビデオが撮影されました。ノースリーブ姿で歌う曲もあるのですが、驚いたのはアスリート並みの筋肉質で引き締まった体になっていたこと。ドラマ撮影の合間に最近ハマっている柔術のトレーニングやジムへ通い、MV撮影のためにかなり体を絞ってきたそうです。ライブステージ自体、SMAPとして出演した’16年3月の『明日へコンサート』(NHK総合)以来約4年ぶり。ファンへ『騒ぎに来てください!』と呼び掛けるなど、木村さんも気合が入っています」(音楽関係者)

11月13日、『グランメゾン東京』の撮影現場で、木村は47歳の誕生日を迎えた。

「スタジオには午前中に誕生日ケーキが登場。チョコペンで木村の似顔絵が丁寧に描かれ、マカロンやベリー系のフルーツでデコレーションされたケーキを前に『さすが料理ドラマなだけあるな~』と感心していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.