くらし情報『美智子さま「体もつか…」陛下ご譲位前に漏らされた極限の心配』

2019年12月30日 11:00

美智子さま「体もつか…」陛下ご譲位前に漏らされた極限の心配

美智子さま「体もつか…」陛下ご譲位前に漏らされた極限の心配


国民の幸福を祈り、悲しみに寄り添いながら、昭和から平成と伝統と革新の歩みで邁進されてきた上皇陛下の傍らには、いつも皇后として支え続けた美智子さまがいらした。ご成婚後、60年に及ぶお二人の道のりをたどりたい。

19年5月に『上皇后陛下美智子さま心のかけ橋』を出版したメディアプロデューサーの渡邊満子さん(57)は、4月に御所に伺ったときに美智子さまのこんな言葉を聞いた。

「私は、5月まで、自分の体がもつかどうか心配なのです。でも、5月まではなんとかと思っておりますけれども」

陛下のご譲位まで後1カ月という張りつめた時期でもあった。

「その後に乳がん、白内障の手術があったことを考えても、また2度のお引越しも控えていて、お疲れも極限状態だったと思います。しかし、そんななか、こう言葉を続けられたのでした」

美智子さまは、おっしゃった。

「陛下のお心とお体のお疲れを総合的にわかるのは、私しかいなかったから……」

渡邊さんは、ご夫婦の絆の深さを改めて知らされたという。

「それは、『譲位のあとも、私が陛下のおそばでご健康を見守っていきます』という決意のお言葉だったと思うんです。その証拠に、譲位後に乳がん手術を終えると、わずか2日で退院なさいました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.