くらし情報『「Jr.生活に居心地のよさ感じてた」とSixTONESメンバー』

2020年1月23日 11:00

「Jr.生活に居心地のよさ感じてた」とSixTONESメンバー

「Jr.生活に居心地のよさ感じてた」とSixTONESメンバー


ようやく踏み出せる第一歩。1月22日にシングル『Imitation Rain/D.D.』(同時CDデビューするSnow Manとの両A面作品)でデビューしたSixTONES(ストーンズ)は、全員がジャニーズJr.歴10年以上という下積みの長いグループだ。

これまで何度も、デビューのチャンスをつかみかけては逃してきた彼らだけあって、現在開催中のアリーナツアーでは、感極まって涙ぐんでしまう場面もあった。そんなメンバーが、デビューを迎えた今のありのままの思いを本誌に語ってくれた。

■「14年のJr.生活に居心地のよさを感じている部分もありました」京本大我(25)

――デビューへの思い

最初は正直、あまりにも未知すぎて不安な気持ちもありました。ジャニーズJr.生活が14年って長さになってたから、居心地のよさとか愛着を感じたりもしてたので。

でも、デビュー曲のレコーディングをしたり、音楽番組に出させてもらったりしてるうちに、楽しいって感情が不安に打ち勝った瞬間があって。

――自分について

パフォーマンスの面では、歌の高音パートを担当することが多いです。年を取るにつれて、しんどくなってきてるんですけど……(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.