くらし情報『蛭子能収のゆるゆる人生相談「腰痛が酷くて仕事休むことも…」』

2020年8月3日 15:50

蛭子能収のゆるゆる人生相談「腰痛が酷くて仕事休むことも…」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「腰痛が酷くて仕事休むことも…」


大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)が、読者からの相談に答える!

【Q】「20年以上、腰痛で苦しんでいます。腰が重くて、やる気が起きず会社を休むことも。漫画家の蛭子さんも机での作業が多いと思いますが、腰痛対策はどうしていますか?」(サッシー楽さん・51・会社員・福島県)

【A】「腰が痛かったら病院へ。それより会社に行かないのはマズいですよ」(蛭子能収)

最近、オレも腰が重くなることがあります。だから毎日5キロくらい歩くようにしているんですけどね。(マネージャー「違いますよ、せいぜい500メートルくらいです!」)

オレは猫背だし、漫画を描くときは長時間座っていましたが、腰が痛くなることはあまりなかったような……。パチンコ店に徒歩で行ったり、競艇場まで電車で行ったりして、よく歩いていたのがよかったと思いますよ。

腰が痛かったらオレに相談するよりも病院行ったり、マッサージをしてもらったりすればいいのに。オレはほかの人から体を触られるのがすごく嫌だから、マッサージが気持ちいいという人の気持ちがまったくわかりませんけどね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.