くらし情報『生誕100年で誕生「長谷川町子記念館」で知るサザエさん裏側』

2020年8月16日 11:00

生誕100年で誕生「長谷川町子記念館」で知るサザエさん裏側

1階で出迎えてくれる、いじわるばあさんとサザエさん一家のパネル。一気に長谷川町子ワールドへ引き込まれます。

1階で出迎えてくれる、いじわるばあさんとサザエさん一家のパネル。一気に長谷川町子ワールドへ引き込まれます。



話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、長谷川町子さんが今年生誕百年を迎えるのを記念してオープンした「長谷川町子記念館」に行ってきました。

■「長谷川町子記念館」(長谷川町子美術館分館)住所:東京都世田谷区桜新町1-30-6/休:月曜(現在、入館人数を制限中。詳細は公式HPにて)

入口には初期のころのサザエさん一家のパネルが並び、明るくお出迎え。現在とは家族の顔が少し違い、歴史を感じさせます。

1階は作品の原画展示や体験コーナー、2階は長谷川町子さんの生い立ちから、漫画家への道のり、漫画家としての活躍や裏側の苦悩などが詳細に紹介されています。

「町子は一日中、面白いことを言って家族を笑わせている」と母が語っているようにユーモアたっぷりの人だったそう。漫画家デビューは15歳で、当時、天才少女として評判に。

その後、『サザエさん』の新聞連載を続けた約30年のなかで、過労によるうつ病などを患いながら執筆していたことや、実姉、実妹と「姉妹社」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.