くらし情報『「学術会議で働くと年金」バイキングが誤解説を番組内で訂正』

2020年10月6日 18:08

「学術会議で働くと年金」バイキングが誤解説を番組内で訂正

番組内で訂正をしたのが平井氏本人ではなく伊藤アナだった。

番組内で訂正をしたのが平井氏本人ではなく伊藤アナだった。



10月6日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系)の番組終了間際、伊藤利尋アナウンサー(48)が5日放送回の内容について訂正を行った。訂正したのは、フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員の平井文夫氏(61)が番組内で行った日本学術会議に関する解説についてだ。伊藤アナは下記のように訂正した。

「昨日の放送について補足と訂正があります。昨日、日本学術会議を巡るニュースを扱った際、フジテレビ平井上席解説委員の発言が、学術会議の会員全員が学士院の会員になって、年間250万円の年金を受け取れるというような誤った印象を与えるものになりました。正確には学術会議の会員は学士院に推薦される方もいますが、全員が学士院の会員になるわけではありません。また学術会議以外の方が学士院の会員になることもあります。この点、補足して訂正いたします。たいへん失礼いたしました」

5日の放送で、平井氏はこう語っていた。

「6年、ここ(日本学術会議)で働いたら、その後、学士院というところにいって、年間250万円年金もらえるんですよ。死ぬまで。みなさんの税金から。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.