くらし情報『小柳ルミ子 68歳美の秘訣はプチプラコスメとダンベルバッグ』

2020年10月23日 11:00

小柳ルミ子 68歳美の秘訣はプチプラコスメとダンベルバッグ

小柳ルミ子 68歳美の秘訣はプチプラコスメとダンベルバッグ


「デビューして50年、68歳の今がいちばん高い音が出せるんです。歌うことが本当に楽しくって」

可憐な黒のフレアスカートに鮮やかな緑のパンプス姿で、颯爽と現れた小柳ルミ子さん(68)。’70年に宝塚音楽学校を首席卒業し、NHK連続テレビ小説『虹』で女優デビュー。翌年『わたしの城下町』で歌手としても国民的人気を得て、今年、50周年を迎えた。

9月には、半世紀の生きざまや美についてつづった著書『もう68歳と思うのか、まだ68歳と考えるのか』(徳間書店)を出版。

ますます美しくはつらつとしている小柳さん。20代のころと変わらないという、そのスタイルを保つ秘訣について、「日々の努力と意識の積み重ねです」と笑う。

「何か明確な目標を持つのがおすすめ。私の場合は30年前の体にフィットしたドレスを、今また着たい!そのために鍛えています」

小柳さんは日常の中にストレッチや筋トレを組み入れている。

「テレビを見ながら開脚ストレッチをしたり、8キロ以上あるバッグをダンベル代わりに持ち運んだり、階段の上り下りで足腰を鍛えたり。全部“ながら”でやっています。そして大切なのは、自分の体を愛してあげること」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.