くらし情報『【ほっこり写真館】高橋英樹&真麻、19年の時を超えた「父娘のキス」』

2020年12月8日 11:00

【ほっこり写真館】高橋英樹&真麻、19年の時を超えた「父娘のキス」

1984年、2歳の娘・真麻にメロメロだった40歳の高橋英樹。

1984年、2歳の娘・真麻にメロメロだった40歳の高橋英樹。



今年で創刊62周年、華やかなりし昭和の芸能界から現在に至るまで、“時代のスター”を取材し続けてきた女性週刊誌『女性自身』編集部のアーカイブから、貴重な写真を公開する「女性自身写真館」。

今回は、1961年に映画デビューし、来年、芸能生活60周年を迎える大御所俳優・高橋英樹(76)と、その娘でフリーアナウンサーの高橋真麻(39)の、心温まるほっこり写真を紹介。

1枚目は1984年4月5日号に掲載された40歳の高橋英樹と2歳の真麻。結婚10周年の記念日に「お父さま、お母さま、おめでとう」と乾杯の音頭をとった真麻に、ひたすらメロメロな英樹がキス。

2枚目は2003年2月18日号に掲載された58歳の英樹と21歳の真麻。フジテレビへの入社が決まった真麻の内定記念に、19年前に取材した同じホテルの同じ日本間で撮影。かつてと同じシチュエーションで愛娘にキスをしようとした英樹を、大人になった真麻は苦笑しながら拒んだ瞬間の写真だ。

それでも、取材の場には温かい笑顔があふれ、変わらぬ仲の良さを見せてくれた高橋英樹一家。

1984年と2003年の取材をともに担当した本誌記者は語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.