くらし情報『田村淳が聖火ランナー辞退 失言王・森会長に「引退して」の声』

2021年2月4日 19:49

田村淳が聖火ランナー辞退 失言王・森会長に「引退して」の声

田村淳が聖火ランナー辞退 失言王・森会長に「引退して」の声


2月3日、「森会長の発言を受け、聖火ランナー辞退します」と題してYouTubeを更新したロンドンブーツ1号2号の田村淳(47)。その決断に注目が集まっている。

東京五輪が行われる予定だった昨年の4月、聖火リレーで観光大使を務める愛知県犬山市を走る予定だった田村。延期となった聖火リレーは、内定しているランナーが優先的に走れるよう検討されていた。

田村は冒頭で、「せっかく招致できたのだから、今無理して開催するよりは延期という方向が良いのではないか」と五輪開催に対する意見を述べた。そして聖火ランナーを辞退した経緯として、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が「『コロナがどんな形でも開催するんだ』という理解不能な発言をされていた」と一例をあげた。

続けて「『タレントが聖火ランナーをやると人が集まるから』という理由で、タレントは田んぼに聖火を持って走ることを推奨されていた」とも指摘。そして「冗談なのか分からないが、(森氏は)昔から変わっていない」「こういうところが人の気持ちを削ぐというか、僕は同意しかねる」と語った。

そんな田村は、「影響力やインフルエンサーとしての力を持って仕事をしている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.