くらし情報『「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生』

2021年6月22日 06:00

「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生

「京都の紅茶王」遺産争いの知られざる結末 婚外子の壮絶人生


2015年、「京都の紅茶王」と呼ばれた実業家・福永兵蔵氏(2005年死去、享年101)の遺産をめぐる壮絶なバトルがワイドショーを賑わせたのを覚えているだろうか。

故・兵蔵氏は1930年に京都にイギリスの紅茶ブランド「リプトン」のティーショップを開き、日本に紅茶文化を広めた。67年には社名を「株式会社リプトン」から現在も続く「株式会社フクナガ」に変更し、とんかつチェーンなど飲食店事業を全国展開。株式会社フクナガは年商54億6,000万円(2019年実績)という規模になっている。

兵蔵氏は前妻と後妻の間に5人の子供がおり、さらに婚姻関係になかった女性との間に娘の城生真里さんをもうけ認知している。しかし、兵蔵氏の死後、兵蔵氏の後継者となった後妻の長男から真里さんのもとに一通の内容証明が届いたことを発端に泥沼の相続バトルが始まった。

届いたのは、真里さんの遺産相続分は「7万8,002円」であるという内容の文書だった。また、それ以外の権利が何もないことを認めないと裁判を起こすという債務不存在確認の文書も同封されていた。相続分があまりにも少ないため、真里さんはそれに応じず、前出・長男から2007年に債務不存在確認訴訟を起こされる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.