くらし情報『キャンプ場をグリズリーが急襲、テントにいた女性が死亡』

2021年7月9日 16:52

キャンプ場をグリズリーが急襲、テントにいた女性が死亡

今回の事件を受けて閉鎖されたオヴァンドーのキャンプ場(写真:AP/アフロ)

今回の事件を受けて閉鎖されたオヴァンドーのキャンプ場(写真:AP/アフロ)



カナダと国境を接する米モンタナ州で7月6日、グリズリー(ハイイログマ)がキャンプ場を襲撃し、女性が一人命を落とした。USA TODAYなど米国の複数のメディアが報じている。

悲劇は人口100人未満のオヴァンドという小さな町で起こった。モンタナ魚類野生生物公園局(以下FWP)の発表によると、グリズリーは6日深夜に町内に侵入し、キャンプ場へ。被害者と他のキャンプ客は、グリズリーにテントを揺さぶられ目を覚ました。グリズリーは一旦その場を離れたが、再び食料を目当てに戻ってくることを懸念したキャンプ客は、食料をテントから出して、ひとまとめにして置いておいたという。

その約30分後、グリズリーが再度テントを襲撃。一人の女性が、テントから引きずり出されて殺された。別のテントにいた客がクマ用スプレーを吹きかけて、このグリズリーを追い払った。

犠牲者はカリフォルニア州チコ在住のリア・デイヴィス・ローカンさん(65)と判明したとUSA TODAYは続報で伝えている。AP通信によると、現場付近は年間を通して観光客の多い風光明媚な土地で、釣りやハイキング、キャンプ、川下りなどを目的に多くの人が訪れるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.