くらし情報『新登場のがん再発保証保険“入ってはいけない人”の条件』

2021年9月10日 15:50

新登場のがん再発保証保険“入ってはいけない人”の条件

新登場のがん再発保証保険“入ってはいけない人”の条件


日本人の2人に1人がかかるとされるがんだが、最近は「早期発見で治る」病気になった。たとえば乳がんの5年生存率は92.3%(国立がん研究センター)。がんを経験後、日常生活に戻る人が増えている。

とはいえ、再発の不安は残るだろう。そうした人向けに、8月25日「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」が登場した。そんな、がん再発保障保険について経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■再発リスクと保険料を比較して検討を

「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」は、日本で初めて女性に特有のがんの再発を保障する保険です。

対象は20〜69歳までの女性で、乳がん・子宮頸がん・子宮体がんのどれかを経験し、現在はがんの所見がない方。がんの手術から6カ月たつと加入できます。

保障は2つです。1つ目はがん再発のときの「がん診断給付金」。80万円支給されます。2つ目は死亡または高度障害を負った際の保険金(以下、死亡保険金)。100万円、200万円、300万円から選べ、がん以外の理由でも支給されます。

さらに保険期間は1年で、保険料は年齢、経験したがんの種類やステージによって決まります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.