くらし情報『摘出した筋腫をバックにポーズをとった女性外科医がインスタで炎上』

2022年1月18日 15:40

摘出した筋腫をバックにポーズをとった女性外科医がインスタで炎上

摘出した筋腫をバックにポーズをとった女性外科医がインスタで炎上


優秀な女性外科医が、自分のインスタグラムに投稿した写真が原因で炎上していると、TMZなどが報じている。

ニコル・E・ウィリアムズ医師は、1月13日、患者から摘出したばかりの22個もの子宮筋腫を背景に、手で三角マークを作った写真をインスタグラムでシェアした。

このマークはウィリアムズ医師が所属していた学生クラブ「デルタ・シグマ・シータ」の印で、ちょうどこの日がクラブの創立記念日だった。

米国の大学には、男子学生の「フラタニティ」、女子学生の「ソロリティ」という学生組織が存在する。

ギリシャ文字の名称が付けられていることから「グリーク」と呼ばれるようになったこの組織は、入会に厳しい選抜基準が設けられていたり、秘密の儀式が伝統的に行われていたりと、日本の大学のいわゆる“サークル”とは異なる性質を持つ。

活動内容はパーティやイベント開催のほか、社会奉仕に重点を置いているクラブもある。メンバーは卒業後も固い絆で結束し、クラブの一員であることを誇りとして生きていく人が多い。

ウィリアムズ医師が所属する「デルタ・シグマ・シータ」は、1913年にハワード大学で創立されたアフリカ系女子学生のソロリティだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.