くらし情報『ミセスMV炎上で『パラダイス銀河』が再注目…ASKAが明かしていた「しゃかりきコロンブス」の“真意”にSNS感動「謎が解明!」』

ミセスMV炎上で『パラダイス銀河』が再注目…ASKAが明かしていた「しゃかりきコロンブス」の“真意”にSNS感動「謎が解明!」

ミセスMV炎上で『パラダイス銀河』が再注目…ASKAが明かしていた「しゃかりきコロンブス」の“真意”にSNS感動「謎が解明!」


6月12日に配信リリースされた新曲『コロンブス』のMVが、“植民地主義を肯定する差別表現にあたる”と批判を浴びたMrs. GREEN APPLE(以下、ミセス)。

13日にレコード会社と所属事務所は、「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていた」と声明を出し、MVは公開停止に。続けてVo/Gtの大森元貴(27)も作品の意図や制作過程を説明したが、コラボしていたコカ・コーラは同楽曲を起用したすべての広告素材の放映を停止させた。

そうした騒動のなか、Xではコロンブスのワードが登場する日本のアーティストの楽曲にも注目が集まっていた。

’14年7月に解散したヒップホップグループのSOUL’d OUTは、’07年11月に楽曲『COZMIC TRAVEL』をリリースしている。そのなかには、《I love Elizabeth But 振る舞え like Jo = Josephin So, you say like this “Oh, Christopher Colombus!“》の歌詞が。

「これは、『Oh my God!』のように使われていた古いスラングだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.