くらし情報『放送前から批判続出のクドカン脚本ドラマ 公式サイトからひっそり「削除された言葉」』

放送前から批判続出のクドカン脚本ドラマ 公式サイトからひっそり「削除された言葉」

フジテレビ公式サイトより

フジテレビ公式サイトより



7月3日より放スタートする宮藤官九郎(53)が脚本を務める連続ドラマ『新宿野戦病院』(フジテレビ系)。登場するあるキャラクターの表記が波紋を呼んでいる。

同作は小池栄子(43)と仲野太賀(31)がダブル主演を務め、宮藤による完全オリジナルドラマ。公式サイトでは「新宿・歌舞伎町を舞台に“命”をテーマにした新たな“救急医療エンターテインメント”ドラマ」と説明されており、さまざまなバックボーンを抱える登場心物たちをユーモア交えて描く内容になる。

6月14日には追加キャストが発表され、舞台となる「聖まごころ病院」の看護師長・堀井しのぶ役をドラングドラゴン・塚地武雅(52)が務めることが発表された。ビジュアルも公開されており、これに塚地は自身のXにて《男か女か分からない謎の看護師長の#堀井しのぶ 役で出演します!笑》と反応している。

波紋を呼んだのは、この塚地が演じる役の公式サイトでの紹介文。14日時点では、公式サイトにこう掲載されていた。


《院内の看護師長。ジェンダーアイデンティティーで、その振る舞いや言動にチャーミングさを兼ね備えており、病院に運び込まれてくるDV被害者、トー横キッズなど“ワケあり”患者たちに対しても、物怖じすることのないフランクな性格。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.