くらし情報『宮崎駿監督 引退撤回陰にあった“がん急逝”戦友託した遺言』

2017年3月9日 06:00

宮崎駿監督 引退撤回陰にあった“がん急逝”戦友託した遺言

image


2月25日、宮崎駿監督(76)が新たな長編アニメーション映画の製作準備に入っていることが明らかになった。13年9月の引退宣言から3年半、“引退撤回”の陰にいったい何があったのか。映画関係者がこう明かす。

「スタジオジブリで色彩設計を担当していた保田道世さんが昨年10月に亡くなったのです。がん闘病の末、77歳で天国へと旅立ったそうです。『風の谷のナウシカ』からジブリを支えてきた人で、監督も“戦友”と呼ぶほど手腕を認めていた。彼女は宮崎作品の復活を願い続けていました。監督も復帰することで元気づけようとしていたのでしょうね」

1月29日放送されたNHKドキュメンタリー番組『終わらない人宮崎駿』のなかでも、宮崎監督は保田さんについてこう語っている。

「ヤッチンが『もう1本やりなよ』って盛んに言っていたんだよね……」

宮崎監督が新作映画の企画を出したのは、保田さんが存命中の昨年7月だったという。もう一度、新作を――。それは闘病中の彼女が託した“遺言”だったのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.