くらし情報『野際陽子さん 娘も移籍…がん闘病中始めていた“決意の終活”』

2017年6月21日 06:00

野際陽子さん 娘も移籍…がん闘病中始めていた“決意の終活”

image


「今年に入ってから、野際さんの体調に変化が見られるようになりました。以前のように声が出なくなり、しばらく休憩を取ってから撮影が再開されることもありました。最後の撮影となった5月7日、鼻にチューブを付けて現場入りした野際さんの姿に“女優魂”を強く感じました。看護師が見守る中、短い撮影でしたが、完璧にこなして帰られました」(制作関係者)

野際陽子さんの最後のドラマ出演となった『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)の関係者は、こう明かす。6月13日、野際陽子さんが肺腺がんで亡くなった。81歳だった。入院直前まで『やすらぎの郷』の撮影に臨んでいた野際さんだが、現場で弱音を吐くことはなかったという。

「撮影もすでに3分の2以上終わっているので、ストーリー上の大きな変更はありません。今後については脚本の倉本聰さんも含めて話し合いが進められていますが、野際さんは“退所”という形でホームを去るというのが現実的な展開となりそうです」(テレビ朝日関係者)

3年前にがんが発覚し、闘病をしていた野際さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.